ホンダ・ヤマハ・スズキ正規取扱店
神戸市長田区で新車50台が選べるサンオートサイクルのブログ

0786710003
イメージカット

スタッフブログ

スズキ・バーグマン400 ETC取付

今回は、スズキ・バーグマン400のETC取付となります。

取付たタイプは日本無線製JRM-21、コンパクト式のETC2.0車載器です。

故障した車載器の交換となりますので、配索も電源取り出しも容易に済みました。

ワイズギア製のETCポーチをつけると違和感なく、車載器も保護ができて便利です。

マジックテープでポーチごと着脱が可能なので、カードの出し入れもスムースに行えます。

インジケーターは穴あけや加工を要しないハンドルカバーに設置しました。

日本無線製は少量ですが入荷できているのですが、ミツバサンコーワ製の車載器は入荷未定となっており

まだまだ品薄状態が続くものと思われます。

取付を希望されるお客様は、一度お問い合わせをいただければと思います。

ホンダ・PCX160 ETC取付

今回は、2021年よりフルモデルチェンジを果たしたPCX160にETCの取付を実施しました。

PCXもすでに4代目となります。

歴代のPCXを彷彿とさせるエッジの効いた直線、滑らかな曲線を組み合わせたデザインとなりました。

パット見の印象は、2代目のJF56/KF18型に近いように思えます。

そしてPCX150は、排気量が160ccアップ。

走行性能が高められ、より快適な走行が楽しめることでしょう。

今回使用したのは、ミツバサンコーワ製MSC-BE700S。

インジケータとアンテナが別体のタイプです。

新型からはメーターフードに切り欠きが設けられているので、加工せずに配索できるのは嬉しいところですね。

車載器はラゲッジボックスの左後方に設置しました。

日本無線製のJRM-21と比べると薄型のため、設置しやすいものも魅力の一つです。

マジックテープで固定していますので、ポーチごと取り出すことも可能にしました。

現在、ETC車載器は入荷が不安定な状態が続いておりまして日本無線製JRM-21は長期欠品となっています。

その影響で、ミツバサンコーワ製MSC-BE700Sの在庫状況も少なくなってきておりますので、ご入用のお客様はお早めのご注文をおすすめします。

ホンダ・ADV150 ETC取付

さて、この度はホンダ・ADV150に二輪車用ETC車載器の取付です。

当店でも150ccといった小排気量モデルを中心に、取付台数が増えてきております。

特に淡路島に渡る際には、通行料が段違いにお得になります。

アドベンチャーモデルを謳うADV150にはマストアイテムでしょう。

ADV150は他車種と違って、殆どの外装パーツを外してゆくことになりそうです。

初めての作業なので、緊張しながら外装を外していきます。

外装を外し終えたら、ワイヤハーネスを配策していきます。

アクセサリカプラに、電源取り出しハーネスを付けます。

こういった加工なしで電源が取り出せるアフターパーツはありがたいですね。

ADV150のラゲッジスペースは既に穴が開けられており、ゴム蓋を外せば配線取り入れ口が現れます。

今回、取付けたのはETC2.0対応の日本無線製のJRM-21。

厚みはありますが、コンパクトのような開閉でETCカードが入れやすいのが特徴のモデルです。

保護用の専用ポーチに収納した状態です。(ヤマハタグついてますが…)

ポーチは、マジックテープでラゲッジボックスから脱着でき、スムーズなETCカードの挿入ができるようになっています。

外装を戻し、インジケータを貼り付けます。

視認性が良いようにメーター横に配置しました。

電源を入れ、最終確認の状態です。

これにて無事、ETC車載器の取付が完了しました。

今年はコロナ禍のため、助成金キャンペーンがなかったりで少し割高になってしまうかもしれませんが、ETC取付を希望されるお客様はお気軽にご相談ください。

■NEW お買い得なスーパーカブ110 入荷しました

この度、純正リヤボックスを装備したホンダ・クロスカブ110のお買い得なモデルが入荷しました。

先にご案内したクロスカブ110と同様に、モデルイヤーが2018年の2019年製造の型落ちモデルとなります。

リヤボックスは、ゆとりのある大容量58LがありAES樹脂製となります。

これだけでキャンプも十分こなせますよ!(と思います…)

リヤボックスは簡易ロックタイプとなりますので、貴重品の管理には注意が必要です。

もう一つの購入特典としまして、当店のあるヘルメットを1点。

そして社長からスーパーカブ関連の何かを1点プレゼントいたします!

(ヘルメット参考画像は、ホンダ・Ami proとなります)

カラーは110cc専用カラーのグリントウェーブブルーメタリック。

23000円相当の用品がセットなったお得なモデルですので、初めてモーターサイクル、スーパーカブを乗られるお客様には最適な1台かと思います。

1台のみとなりますので、お早めのご検討をお願いいたします!

■NEW お買い得なクロスカブ110 入荷しました

この度、純正グリップヒーターを装備したホンダ・クロスカブ110のお買い得なモデルが入荷しました。

モデルイヤーこそ2018年ですが、2019年製造モデルの型落ちモデルとなります。

LEDヘッドライト車体に移設、より幅の広いハンドル、太くなったフロントタイヤなど、よりアクティブで軽快なトレールバイクとなっています。

リヤキャリアも車体に合わせたブラック塗装になっています。

グリップヒーターは純正グリップと同じ模様で、スイッチはメーター下に専用ステーに取り付けられているなど、違和感なく取り付けられています。(グリップヒーターは半周タイプとなります)

ちなみに2020年モデルとの差異は、テールライトの形状が異るだけとなります。

カラーは鮮やかなイエローの1台のみとなります。

取付費用込みで25000円相当のグリップヒーターが付いた大変お買い得なモデルですので、お早めのご検討をお願いいたします!

スズキ・GSX-S125 アクセサリー取付

この度、GSX-S125のエンデュランス製リヤキャリアフェンダーレスキットヘルメットホルダーを取付をしました。

今回は取付作業と並行して、サービスキャンペーンも実施していこうと思います。

外装を外したところです。

思っていた以上にスリムなんですが、中身は結構詰まってますね。

SはRと比べて、工程が少ないので気持ち楽だったりします。

画像中心についているホースクリップが交換対象部品となっています。

この車両は対象外でしたが、一部車両はギアシフトレバーも交換対象となっています。

サービスキャンペーン作業も終わりまして、早速、フェンダーから外していきます。

実はリヤフェンダーはセパレート式だったりします。

海外仕様モデルは右の小さいフェンダーになっているみたいですね。

こちらがフェンダーレスキットのステーとなります。

ウインカーユニット、ライセンスランプユニット、リフレクターは再利用します。

こちらはヘルメットホルダー。

よく見るタイプのロック機構です。

すべての部品を取り付けるとこんな感じになります。

(リヤキャリア取付の画像撮り忘れてました…)

ヘルメットホルダーはこんな感じです。

同じメーカーの用品ですので、違和感なく収まっていますね。

フェンダーレスキットだけでもスッキリした後ろ周りになるので、オススメです。

全ての部品が何らかでリンクしているので、取付の際はひとまとめにすると

作業工賃もお安くなりますよ。

取付の際はお気軽にお申し付けください。

ヤマハ NMAX カスタム完了

今回は、最後に大型のハイスクリーンと、ポジションランプの交換を行いました。

ポジションランプはレイブリック製のLEDバルブに交換。

NMAXはポジションランプが何故か電球なので、LEDに交換するとより映えるようになりますね。

ハイスクリーンの取付が完了。(快適セレクションの標準装備品となっています)

大きいスクリーンですので、かなりの防風防雨効果が期待できそうです。

GWを挟む関係で、部品が揃うのに時間が掛かってしまいましたが、これにて、今回のカスタムは完了となりました。

これだけの装備だと、250ccクラスにも見えなくもないですね

マットブルーの鈍い光沢がなんとも言えない渋さがあります…

お待たせいたしました。

現在、納車の準備を進めております。

ヤマハ・NMAX WR’S製マフラー取付

GW前に注文していたNMAX125のマフラーが到着し、早速取付をしました。

この度、取付するのはWR’S製チタンオーバルタイプフルエキゾースト

鮮やかな焼け色が美しいサイレンサーです。

ロゴの入ったステーも、良いアクセントになっていますね。

取付完了です。(途中の写真を撮り忘れたので、いきなり完成画像となってしまいました…)

基本的には、各パーツを大まかな位置調整するだけで簡単に取り付けできるようになっています。

開梱した時点で、すでにサイレンサーバンドがステーに仮組みしてありました。

バンドの位置調整って意外と時間が掛かるし指紋がついたりで気を使う作業だったりしますから、これはすごくありがたいです。

焼け色のついてないソリッドなタイプもありますが、NMAXの黒い足回りにはグラデーションがある方が綺麗ですごく映えますね。

またJMCA認証マフラーなので騒音規制を満たしつつ、小気味の良い紳士的な排気音となっています。

純正マフラーは割と重いので、マフラー交換すると軽量化になるのも嬉しいところです。

次はロングスクリーンの取付作業を残すのみ。

あと少しだけお時間をいただきますが、よろしくお願いいたします。

ヤマハ・NMAX アクセサリー取付

今日はヤマハ・NMAX125の快適セレクションの用品取付とオプション品の取付をしています。

快適セレクションは、純正ウインドスクリーン、リヤキャリア、リヤボックスが装着済の特別仕様車みたいなモデルで、後から取り付けるよりも約4万円ほどお得なモデルとなっています。

リヤキャリアはボックスベース機能のついた専用リヤキャリアですので、違和感ないスマートなスタイリングとなります。

ボックスは車両のメインキーがそのまま使えるワンキータイプ。

リヤボックスは大容量の39L。

ヘルメットを入れてもまだゆとりのあるサイズは嬉しいですね。

ここからはオプション用品のグリップウォーマーの取付です。

NMAXは見た目よりもシンプルな構造なので、サクサク作業が進んで楽しいです。

グリップウォーマーは手のひらから指先までしっかり暖める全周タイプ。

原付では指先のみ半周タイプが多いのですが、これはかなり暖かいと思いますよ。

グリップもスリムになり、純正グリップのような違和感のないデザインも魅力的ですね。

今日できる作業はここまで。

お渡しまでもう少しお時間をいただきますが、よろしくお願いいたします。

店舗情報

店舗写真

サンオートサイクル
兵庫県神戸市長田区東尻池町1丁目10-20
TEL:078-671-0003
営業時間:8:30~19:00
定休日:毎週日曜

1.修理預りでの代車予約可
2.国土交通省認証工場
(車検もOK)
3.ご来店時の駐車場有り
(店舗裏側2台)
4.東京海上日動火災保険代理店
(自賠責保険・任意保険)